検索

二酸化炭素が水の中に

理科実験の授業では,いま,気体の性質の教材化について学修を深めています。本日の主役は二酸化炭素。この気体は水に溶けやすいので,ペットボトルに水と二酸化炭素を加えてふると,ペットボトルがへこみます。

ただし,この実験は,大気圧がペットボトルを押しているように見えるのでわかりづらいです。そこで,二酸化炭素と水を入れた集気瓶に風船をかぶせてふると,二酸化炭素が水に溶けて体積が減少します。

ふればふるほど,風船が集気瓶の中に入り込みます。こっちの実験の方が児童に誤解を招かないので,授業でオススメしています。ぜひ,お試しください。