検索

前線モデルをつくる

最終更新: 2019年3月8日


小学校では,雲の観察や気象観測を通して,天気の変化を学習します。今日は,雲の形成過程を実験で理解するとともに,広域的な天気の変化に影響を及ぼす前線について,どのようなモデルを提示するとわかりやすいか考えました。

暖気と寒気が容易に混ざらないことや,前線面で接していることを立体的に把握するため,水槽に着色した温水と冷水を入れ,高分子吸収剤を加えて観察しました。前線面がはっきりわかりますね。




© Copyright 2018 

by KANOE Lab. all rights reserved

Contact Us

Tel: 082-229-3033(研究室直通)

Email: hkanoe[at]hijiyama-u.ac.jp

Address

〒732-8509

広島市東区牛田新町四丁目1−1