検索

科目「理科実験1」進行中

更新日:2021年12月11日

後期の授業では,感染症が落ち着きを見せていることもあり,実験の授業が予定通り対面で進められています。科目「理科実験1」では,小学校の理科授業の中でも「粒子」を柱とした内容の実験を中心に実施しています。この日は酸素の発生と性質を確認する実験でした。


酸素は水上置換法で捕集しますが,手際よく進めるためには少し練習が必要です。この授業では水上置換法に何度も取り組んでいますので,学生も手慣れた手つきで気体を捕集できるようになりました。

酸素の捕集が終わった後は,性質の確認実験です。いくつか実験を進めた後に,教科書でも演示実験として紹介されている「酸素中でのスチールウールの燃焼」に取り組みました。この実験は,花火のようにスチールウールが反応しますので,とてもインパクトがありますが,油断をすると集気瓶を割ったり,やけどをしてしまいますので注意が必要です。

実験後はレポートを作成し,Google Classroom に提出しています。学生も慣れてきて,授業中にPCに写真や文章を打ち込みながら,レポート提出に向けて取り組んでいます。


実験のサポートに,ゼミの4年生がSA(Student Assistant)として参加してくれています。ゼミ生も自分が実験した2年前をふり返りながら,学修を深めています。