top of page
検索

地球史年表

地球は、誕生してから現在まで約46億年たっています。でも、あまりに長い時間でわかりにくいので、年表をつくってみましょう。


ここでは、1億年を1cmとし、46cmの長さの紙を用意します。


約46億年前、地球が誕生するときの最終段階で、火星ぐらいの大きさの惑星が地球に衝突しました。このときの破片が集まり月ができたとする考えを、ジャイアント・インパクト説といいます。その後、約42億年前には地球表面に海ができました。最初の生命は、この海の中で約38億年前に誕生したと考えられています。


ところがその後、約23億年前と約7億年前に地球全体が凍る「全球凍結」が起こりました。そのころ地球上には、光合成を始めた「ソウ類」が広がっていましたが、この全球凍結で生物は大量絶滅を起こしたのではと考えられています。


私たちと同じ背骨をもつ仲間が地球上に登場したのは約5.4億年前です。この時代を古生代といい、約2.5億年前には恐竜が繁栄した中生代に変わります。この中生代も、約6千6百万年前に天体が衝突し、その後の寒冷化で地球上の3/4の生物が絶滅しました。


人類は、約700万年前に誕生しました。年表では、現在から0.7mmの位置です。地球の歴史と比べると、人類の歴史は・・・



Comments


bottom of page