検索

水を加熱するとできる泡の正体

ビーカーなどで水を加熱すると,40度付近から小さな泡を生じます。あれは何でしょう? すでに沸騰が始まった・・ということはありません。では,何者? 写真のような実験装置を使い,発生した泡を集めてみました。

しばらくすると,気体を多く集めることができました。これが水蒸気であれば,上に来るまでに冷やされて水になってしまうので,気体を集めることができません。

さて,この気体の正体は・・水に溶け込んでいる酸素でした。そういえば,水中の生物は酸素を取り込んでいました。夏の暑い日に,水槽内の金魚が水面でぱくぱく空気を取り込んでいたのは,水温上昇により水中の酸素が逃げてしまい,息苦しいから・・のようです。水温上昇は魚にとって大変な事態ですね。



© Copyright 2018 

by KANOE Lab. all rights reserved

Contact Us

Tel: 082-229-3033(研究室直通)

Email: hkanoe[at]hijiyama-u.ac.jp

Address

〒732-8509

広島市東区牛田新町四丁目1−1