検索

立体震源分布の制作

最終更新: 2018年5月20日

地震の震源を立体で理解するのは難しいので,毎回,生物用のスライドガラスを使って震源の深さごとに震源を写し,重ね合わせて立体にします。グループ内で手分けをすれば,10分程度でできあがりー。

みなさん,スマホを取り出して,わかりやすい角度から撮影をしています。理科の授業はスマホが重要な文具の一つになっています。




© Copyright 2018 

by KANOE Lab. all rights reserved

Contact Us

Tel: 082-229-3033(研究室直通)

Email: hkanoe[at]hijiyama-u.ac.jp

Address

〒732-8509

広島市東区牛田新町四丁目1−1